月夜の隠れ家

☆… 今日は雨 きのうは曇り 明日は晴れ! …☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下を向くくらいなら・・

自分が不幸だと認めなければ、ずっと幸せでいられる。
私がそう思い始めたのは、おじいちゃんが死んでしまってからだったかもしれない。

だから本当に辛いことからはいつも目を逸らしながら、生きてきたのかな。


今日、みーちゃんに言われて自分の手を見てみて・・びっくりした。
びっくりしたのと同時に、ついに自覚しなきゃいけない時がきたんだって思って泣きそうになった。
でもそこで泣いたら本当に不幸みたいだから、いっぱい笑いました。
笑い話にできたなら、きっと私は可愛そうなんかじゃないって思えるから。

でも本当に悩まなきゃいけないことから目を逸らし続けて誤魔化しつづけている自分が何だか哀れで・・・
電車から降りたあと、少しだけ放心状態になっていました。

私が本当に悩んでいることって何なんだろう・・。
受験のこととか・・は、悩むのは当たり前のことだと思うし、みんなも悩んでいることだし・・。
私が本当に辛いと思うことはもっともっと遠いところにあるのかもしれない。
自分自身忘れたくて、最初からなかったかのようにしたかったものが、きっと私の心の奥にはあるんだと思います。

それが何なのか、本当は気づいているはずなんです。
でもそれが自分にとっての不幸だと認めたくないだけなんです。

それを口にすることで、今まで楽しかった毎日が変わってしまうことが怖いんだと思います。
私はみんなが笑っている顔を見るのが好きで、みんなが笑ってくれるならおもしろいことをいっぱい考えられるし、おもしろい話だっていっぱいできました。
みんなが笑えば、私も幸せで、そんな楽しい毎日がずっとずっと続いていけばいいと思っていたから。

だから本当に、心が壊れそうになるくらい辛い出来事があっても、
なかなか話せる人がいなかった。
家族にも、なかなか話せなかった。

それは心を開いてるとか、開いてないとかっていうことじゃなくて、
私自身が私の悩みを私の心の中で消し去ろうとしていただけ。

K子のこととか、みんなが共有している悩みなら何も考えずにたくさん相談できた。
でも、私自身が1人で思い悩んでいることはどんなに辛くても口に出すべきではないと思いました。
それを口にすることで、自分の周りの状況が少しでも変わってしまうことを恐れていたから。

私に相談してくれる人はいっぱいいるのに、私が相談できる人が全然いないなんて・・
寂しすぎて笑えてくる。
でも何も考えずに悩んでいることを全てぶちまけても大丈夫だと思えるような人が、
すっと現れてくれるほど世界は甘くなくて・・
そんな現実に泣けてくる。

よく考えてみればこんなにはっきりと分かったことを、今まで認めたくなかった自分に1番泣けてきます。

でも認めなければ、辛くて苦しくて醜い悩みだらけの自分は心の奥底で消えていって、みんなの前で笑顔でいる自分が本物になってくれるような気がしたから。
だから泣きそうになったり「それ」を思い出しそうな時には、いつも自覚なしに手をぐっと握っていたような気がします。
それは本当に、本当に小さなときから・・・。

でも1度だけ、小学生の頃に・・
ぐっと握っている手の痛みより、心の痛みの方が大きくなって
どうしても耐え切れなくて友達の前で大泣きしたことがありました。
その時、そこにいた友達はみんな初めて私がこんなに悩んでいたことに気づいたみたいで、
とても驚いた顔をして、それで「ごめんね」といっぱい謝ってくれました。私の気持ちに共感してくれる子もいました。
でもその日から、やっぱり何かが変わってしまって・・。

そんな変化を、私はいつもいつも恐れていたのだと思います。
友達が関わる問題なら尚のこと、誰にも話すことなんてできなかった。
それを誰かに話すことは、私にとってはとても勇気のいることだった。

でも悩んでいた痕跡は、確かに自分の手に残っていて・・。
それって結局、私は自分の嫌いな自分を消し去ることができていない何よりの証拠ですよね。

どうして誰にも相談できないんだろう。
変わってしまうことは仕方のないことだと心の中ではちゃんと分かっているのに。

携帯のアドレス欄を見てみて、相談できそうな友達はいっぱいいる。
だけど、できない。
誰かに負担をかけるのも、誰かに無駄に心配をさせてしまうのも、どっちも辛いから。
そういう意味では、お姫様が自分の話を話したがらないのも理解できる気がする。

誰にも相談できないなら、やっぱり私自身がその悩みを忘れてしまうことが1番なんだと思います。
忘れることができたら、また明日もきっと笑顔でいられるから。
教室がまたいつものように楽しかったら、私もきっと無意識の内に指をいじってしまう癖もなくなると思う・・。
そんな暇もなくなるくらい、そんな悩みを思い返してしまうことがなくなるくらい、
受験の準備に集中して、楽しい毎日で心をいっぱいにして、
そうすればきっと忘れられる。
そんな自分を消し去れる。

だから、大丈夫。
明日もまた、私はきっといつもみたいに笑うことができるから・・。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

メッセージロボ

プロフィール

+美雨+

Author:+美雨+
゚.+゚ 名前 ゚+.゚  +美雨+
゚.+゚ 年齢 ゚+.゚ 19歳になりました♪

゚.+゚ 好きなもの ゚+.゚
・歌
・水色
・猫
・漫画
・YUI
・レッドシアター
・散歩、買い物
・カラオケ
・オルゴール
・神社
・夏(冬生まれだけど・・)

個性的な先生や個性的な生徒の多いおもしろくて楽しい女子校に通っていました!
今は福祉系の大学に通い、介護について勉強中です!!
自分の夢に向かって日々奮闘して・・るつもりです!←

喜怒哀楽が激しくて、気分の変わりやすいブログですが気軽に訪問・コメントしてくれたら嬉しいです♪♪
相互リンクしてくれる方募集中ですよヾ(o・ω・o)シ

それでは、「月夜の隠れ家」をこれからよろしくお願いしますね゚+.♪゜

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。